安全性

No antibiotics used

-抗生物質不使用-

タウポビーフは抗生物質を一切使用していません。

ニュージーランドの規定では、と殺前の21日間に抗生物質を使用していなければ無残余といえるようなルールがあります。

一般的に他の国でも同様の規定が設けられています。

しかしタウポビーフの場合は生涯を通して一切使用していません。

使用した段階でその牛はタウポビーフのプログラムから外れます。

通常の、牛は2つの農家を経由して飼育されます。

①子作り専門の農家 →飼育農家が手配するので抗生物質不使用を徹底するのは困難。

②飼育専門の農家 →と殺前の21日間に抗生物質を使用していなければ無残余

タウポビーフは①②を通して抗生物質を使用していないため、生涯を通して抗生物質は使用していません。

(抗生物質を使用した牛肉を日頃食べることにより、人が抗生物質に対する抵抗を得て体質が変わってします事が危惧されています。)

農林水産省HP(家畜に使用する抗菌性物質について)  http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/yakuzi/koukinzai.html

更新日:

Copyright© TAUPO BEEF -タウポビーフ- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.